ここのところ、無気力で言葉が出てこない。
会社で会話するのが苦痛だ。

家族経営で、私1人がよそ者なので、
私1人、全く価値観が合わないということがほとんどだ。

悪口に共感してるフリも、もうしんどくて、
あまり反応しなくなったら、
悪口の標的が私に向いてきた。

中学生の教室にいるような、そんな感覚で
毎日を過ごしている。

こんなだから私は小学生の時から
人間関係に悩んできたのだ。

一緒になって悪口を言ったり、
他人を傷つけたり、友達とはそういうものなんだろう
なぜ私にはできない?

きれいごとが言いたいのではない。

そもそも友人に共感ができないし、
かと言って反対意見も言えず、
説得するだけの力もなく、うまくやり過ごせない。

あんただってこういうところが悪いじゃないか
お前が言うな
言ってることが矛盾してる
反対の立場ならどうなんだ
そんなことでグダグダ言うな


と、心の中で思っているのだ。

逆に、そんな人たちに
そんなだからリコンするのだ、
と思われているであろうことが
今は一番くやしい。


全力で否定したいが、
実際面と向かって言われたわけじゃなし、
そもそも、たぶん間違いでもない。

自分はダメなんだ、と思う日々で、
ラクになりたいと思って必死で本を読む。

みんなどうやって生きてるのかが知りたい。


*************

おかげ様で次男の高校受験は合格し、
前に向いて進んでいます。

新型コロナウィルスのせいで、
引きこもっていて

ほんとなら、今いろんなところに旅にやって
いろいろ経験する「チャンス」なのだけれど
行けなくてホッとしているところが
正直ちょっとある。

入学式も、今のところは予定されているが、
なくなってしまうかもしれない。


そんな日々、本も何冊か読んだけれど、
感想らしい感想も書けないままに日が過ぎる。







ファンタジーだった。RPGと言うか。


ちゃんと働いたら世界って広がるんだなあ。

外出自粛で商売が厳しいこの時期に、
仕事に行けてるだけで感謝しよう

と自分に言い聞かせてます。

ほんとは
仕事に行くの自粛したい。



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ