カラフル (文春文庫) 
森 絵都 文藝春秋 2007-09-10

死んだ少年が、神様の抽選とやらに当たり、
別の少年の身体を借りて不本意にも生き返る。
自分が生前犯した罪がなんだったか思い出すまでだと
言われ、仕方なく別の少年として過ごす。

この本は、長男が小学生の時、
PTAの有志が学校の「本の読み聞かせ」の時間に
読んでくれていた本だ。

どんな風に読んでくれていたかは
知らなかったけれど、
途中までで終わったらしかったので、
改めて読めるように家に置いていた。

私自身は、何度も読める機会はあったのに、
先日初めて読んだ。

衝撃だった。

主人公は中3。
なげやりな反抗期、暴行、自死、
中学生売春、親の不倫、悪徳商法、

こんな内容だったとは。


別に、内容に文句を言うつもりは全くない。
衝撃はそこではない。
うちの長男ならこんな内容も理解できたと思う。
だが誤解しやすい年齢だ。取り上げ方が浅いので
知らずに誤読解、誤誘導されても誰も訂正できない

読み聞かせにこの本が選ばれていたと
いうことの驚きと、

自分がこの本を自ら
小学生の長男に渡していたということに、
今、気付いた驚き。

完全に私が読むのが遅すぎた

この本は、なんとなく中2くらいで読むのが
いいのかもしれない。言葉の現実味を想像できる年齢だ。
が、本当の中2男子はお仕着せのこんな本は読まない

つらいことがあったら、
ちょっと一歩引いて、他人事くらいに思って
生きてみるのも悪くない。

みたいなメッセージが
子どもを救うかもしれないと思ったのだろうか。

私自身が小学生や中学生の時に
この本を読んでいたら何かが変わったか?

何にせよ、
読む時期を慎重に見極める必要がある本だ。

なんとなく、
この本の先に伊坂幸太郎さんの本があるような気がする。


バイバイ、ブラックバード (双葉文庫) 
伊坂 幸太郎 双葉社 2013-03-14

マツコデラックスさんが出てきます。(私見)

ドラマは観てないですが、
大女の役は城田優さんだったみたいです。
連続ドラマW バイバイ,ブラックバード DVD BOX
高良健吾 ポニーキャニオン 2018-07-04

観てみよう。


どこか他人事くらいでちょうどいいのかも、
という感じで。


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ