あなたのゼイ肉、落とします (双葉文庫) 
垣谷 美雨 双葉社 2019-11-14

この作家さんの本は、
女性が言いたくても言えなかったことを
代弁してくれている
ような題材が多くて
非常にありがたい

ゼイ肉を取り上げながら、
実は問題はそこではなくて
生き方を変えてくれる。


老後の資金がありません (中公文庫) [文庫]
垣谷 美雨 中央公論新社 2018-03-23

この本も、
「ありません」と断定しているのが
切実で、他人事ではない。

娘の結婚に大金を払うところなど、
なんで?と思いながらも
分かる気がする。

さあどうするか、
いらないものはいらないんじゃない?
思えてすっきりする。



老後かー、考えないとな、とは思うのだけど
考えるのを避けたりしてしまいがち。


夫の墓には入りません (中公文庫) 
垣谷 美雨 中央公論新社 2019-01-22

これも、題名だけ
本当に代弁してくれている。
ありがたい

今はもう、関係ないけれど、
当時、こんな風に宣言することが
だった。大げさではなく。
ほんっとにささやかな復讐だ。


そしてこうなる ↓

あなたの人生、片づけます (双葉文庫) [文庫]
垣谷 美雨 双葉社 2016-11-10


いんだよ、いらないものは
捨てれば。
そっから前向いて歩いていけるから。


どの本も、
すごい人が主人公って訳ではなく
さらっと読めて
テーマの割に重くない。

これならできるかも、とか
本の中の人に「何やってんだよー」と
突っ込みながら、
あ、これ、自分だな。と思う。

なんてソフトで遠回しな
カウンセリングなんだ!


ありがたい。


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ